ジェットスターの変更手数料が、3,150円 にびっくり!

アメリカ旅行は成田出発。
そこで成田まで、格安航空のジェットスターを使うことにした。
羽田まで通常運賃で3万円以上かかるのに、5000円以下だなんて、
とても信じられない価格だもの。

でも、ネットで予約をして気づいたのは、実際は、表示価格では搭乗できないってこと。

まず、10kg以上の手荷物は、別料金。20kgで1100円
座席指定をすると、250円
クレジット決済をするときに手数料が600円
これらが次々に加算されていく・・・・
結局、最終価格は、12560円に。
でも、これで成田まで往復できるんだから、やっぱり安いと思っていた。

ところが・・・待ち合わせの時刻が変更になったため、
前日に成田に行かなくてはならなくなって、前日の便に予約変更をすることにした。
幸いな事に、価格はそのままで変更ができたのでよかったと思ったら、
なんと、3150円の追加支払いが表示されたのだ。

びっくりして、調べてみたら、予約変更手数料はちゃんと、3150円とあった。

さすがに、これにはショック!!でも、決まりだからしかたない。
次回からは変更しなくてもいいように、気をつけて予約しよう!!


睡眠不足が身体に与える影響とは?

睡眠時間が短いと、身体にどんな影響が出てくるのか・・・

睡眠時間が8時間と3時間で比較してみると、

1.脳の働き

集中力や判断力が低下する。不安や気分の落ち込みを感じやすい

2.血圧

全体的に血圧が高くなる傾向

3.血糖値

インスリンが効きにくくなるため、血糖値が上がりやすい状態になる。
糖尿病や糖尿病予備軍の人は、要注意!

4.食欲

夜更かしをすると、ついつい夜食が食べたくなる。
食欲を高めるホルモンが増えるので、肥満につながる。

5.肌

皮膚の細胞は夜の間に生まれ変わる。
夜間は副交感神経が優位になり、脳への血流が減るため内臓や皮膚への血流が増加。
成長ホルモンは睡眠中に多く分泌される。
成長ホルモンは体の新陳代謝を促し、体の機能の修復や疲労回復、皮膚の再生などの働き。
睡眠不足で、肌の代謝が低下し、ニキビや乾燥、くすみなどの肌トラブル。
シミ、シワ、たるみなどの肌老化が進んでしまう。

6.メラトニンの分泌が減る

メラトニンとは体に夜を知らせるホルモンのこと。
強い光を浴びることで、分泌される量が減ってしまうので、眠れなくなってしまう。


睡眠不足は生活習慣病を招くことになるので、しっかり睡眠を取るようにしなくては。
食事を気をつけたり、運動をしても睡眠不足だったら、効果がなくなる事になるものね。

不眠症で悩んでいる人は、不眠症外来で相談することをおすすめしたい。
全国の睡眠障害・不眠症専門外来案内

パッキングの仕方を調べて練習

スーツケースに荷物を効率よく詰めれば、たくさん入ると思うけど
なかなか思うように行かないもの。

そこで、パッキングの仕方をネットで検索。
youtubeにいろいろあったが、日本人のはほとんどないなあ。
手荷物を公開するのは恥ずかしいからなのかな。

そのなかで、スゴイと思ったのがあった。
小さなバッグの中に、大量の荷物がてきぱきと納められていく!
ほんとに入るのかな・・・と思っていたが、あっという間に終わってしまった。

パッキングのプロ現る

衣類の詰め方には2種類あるようだ。

1つは、くるくる巻いて詰めていく方法
2つ目は、パタパタとたたみながら収める方法。

両方使えば、かさばる衣類もスッキリ収まる!!
しっかり、練習してスペースを取らないようにしなくちゃ!

朝型の生活に変えたい

早起きは三文の得というけれど、ほんとかなとおもっていたら、科学的にも証明されているそう。

人間の体はいっていのリズムがある。
呼吸や脈、目覚めることや眠ることもそのリズムによってなされているのだそう。

このリズムは、交感神経と副交感神経の自律神経の作用で支配されているために、
ひるとよるとでは全く違ってる。

昼は交感神経のほうが優位になるので、体温や脈が上がり、呼吸も早くなる。
夜は副交感神経が優位になるので、エネルギーを抑えるために、体温や血圧を下げ脈も遅くなるのだ。

だから、同じ仕事や活動をするなら、昼間のほうがずっと効率的なわけ。
夜は能率があがらないのだから、早く寝て体を安めるのがいいってこと。

夜の作業をすることは体のリスムを狂わすことになるのだから、朝早く起きてがんばろうかな。

タグ /

体型を崩さない努力をしよう

街を歩いている時によく思うことは、歩いている人たちの服装のコーディネイトだ。

若い人だけでなく年配の人も、アンバランスな人が多いように思う。
高価なブランドの服とか、バッグ、アクセサリーを持つことより、
全体の調和、バランスがとれているものを身につけている方がずっと素敵に見えるものね。

そのためには、まず、体型が基本だわ。

太っているより痩せている方がいいというような風潮があるけど、
痩せすぎていても体にメリハリがなければ魅力は感じられないはずだもの。

体重ばかり気にする人が多いけど、体型の方を気にする方が大事なんじゃないかしら。
体重が今何キロだなんてどこにも書いていないんだもの。
ウエストがくびれてメリハリのある体型のほうがずっと魅力的なのだから。

体型を崩さない努力を続けていかなくちゃ、
フィットネスクラブで体型を維持できるようにがんばろうっと!

タグ / 体型

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。