ホーム » 健康・美容 » 睡眠不足は生活習慣病へつながる

睡眠不足は生活習慣病へつながる

睡眠不足の影響が心身に与える影響は大きいらしい。

テレビでやっていた、20代の若者4名の実験。
睡眠時間、8時間と3時間で脳の働きや血圧、血糖、食欲などを比較していた。

1.脳の働き
集中力や判断力が低下したり、不安や気分が落ち込んだりする

2.血圧
血圧は睡眠中は低下するので、睡眠不足の状態では血圧が高くなりやすい。

3.血糖値
インスリンが効きにくくなるため、血糖値が上がりやすくなる

4.食欲
食欲亢進ホルモンが増えるため、食事の量が増えて肥満になる可能性が高くなる

なるほど。。。睡眠不足が続くことで、影響が重なり、生活習慣病につながるのも頷ける。
睡眠不足は肌にもよくないので、しっかり摂らなくちゃ。

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。