ホーム » 2013年02月

煮干しだし(水だし法)が簡単でおいしい

朝はなんといっても味噌汁がおいしい。

毎朝、煮干しと昆布でだしをとっているんだけど、結構面倒。

そこで、はなまるマーケットで紹介されていた、
煮干しだし(水だし法)をやってみたら、頭と内臓を取り除く必要がなく、
電子レンジで加熱することで香りが引き立ち、おいしいダシがとれるのです。

●煮干しだしの取り方(水だし法)
<材料>
煮干し … 50g
水 … 1.5L
<やり方>
1.煮干しを耐熱容器に入れ、ラップをしないで電子レンジ(600W)で50秒加熱する。
2.煮干しを容器に入れたら水を加える。
3.冷蔵庫で6時間おけば出来上がり。

たったこれだけ・・・
加熱しないで水だけでだしを取ったので臭みがないし、2日置いても大丈夫とのこと。

おためしあれ!!

子供のけんかに親は口を出さない

息子が小学生だった頃、小学校から帰ったとき、あちこちに怪我をしていたことがあった。

どうやら友達とけんかしたとのこと。でも、仲直りをしたというので、そのままにしていた。
ところが、喧嘩相手のお母さんが「怪我をさせられた」と鳴りこんできた。

子どもたちに話を聞くと、喧嘩を仕掛けたのは友達のほうで、怪我の具合も息子のほうがひどかったのだ。
お母さんは、罰が悪そうに帰って行った。
その後。子どもたちは仲良く遊んでいたようだが、お母さんは私を避けているようだった。

子供の喧嘩は状況をよく見て、親が出る必要があるかよく判断しなくてはいけないと思う。

子供の喧嘩は子供通しで解決していく頃が多いものだ。
親が出ていって、かえって問題が大きくなることもあるのだから。

遺伝子スイッチでがん治療

人間の細胞の遺伝子にはコントロールするスイッチがあるいう。

「生命38億年スペシャル、人間とは何だ」でやっていたが、
人間は元々がんを抑える遺伝子を持っているんだそうだ。

この遺伝子スイッチがonになるとがん細胞は増えない。
しかし、この遺伝子がオフ、つまりサビると、
抑制する力は弱まって、がん細胞が増えてしまうんだそうだ。

このスイッチのサビつき具合を調べることで、
がんの発生を予測する研究が進められている。
胃がんリスク検査は5年後の実用化が期待されている。

この検査の方法は、胃の粘膜から採取したDNAから、
抑制遺伝子のさび付き度を分析、危険度を数値で表す。

もし、危険度が高いという結果が出たら、
1.タバコを吸わない
2.塩分を控える

実用化されている、遺伝子スイッチでのがん治療薬は、アザシチジン。
2011年に骨髄異形成症候群の治療薬として認可。

その他、大腸がんや肺がんでも研究成果が上がってきて、
新しいサビ落とし薬の開発が期待されている。


食べ物で遺伝子スイッチをオンにする方法

1.緑茶
緑茶に含まれる成分にがん抑制遺伝子のサビ取り効果

2.赤ワイン
赤ワインのレスベラトロールと遺伝子スイッチの研究が進められているそうだ。

また、ヨーグルト、水素水についても遺伝子スイッチとの関係の研究が進んでいるという。


がんに対する画期的な治療法って進んでるんですね

近い将来、がんは怖い病気ではなくなる日がくることを期待。

エステでむくみ解消

今通っているスポーツクラブにはエステが併設されている。

股関節が悪くて、下半身にむくみがあったので、エンダモロジーを受けることにした。
人工股関節節手術の備えて、少しでもむくみの解消をしたかったからだ。

昨年の8月から初めて、最初は週2回。
9月になり、週1回のペースで受けていった。
モジモジくんのようなタイツを着て、その上からいろんなプログラムをしていく。

効果としては、リンパの流れが良くなってむくみが解消する
脂肪に働きかけて、セルライトが除去され、なめらかな肌になる。
背中、おしり、脚がすっきりして細くなる。など

料金は、20回コースで18万円。
キャンペーン中だったので、25回受けることができたが、決して安い値段ではない。
それに、必ずしも、効果が出るとも限らないようなのだ。

でも、私の場合、むくみが取れることによって、脚がやわらかくなり、
月1kgのペースで、体重も落ちていった。

むくみがなくなったと同時に、下半身の冷えもなくなった。

手術を受けた2月までに、なんと、8kg減!!
もっとも、それまでがちょっと体重オーバーだったので・・・

BMIが20になり、40代の頃の体型に戻った。
人工股関節の手術後、半年立つが、未だにその体重をキープできている。

思い切って、エンダモロジーを受けてよかった!!

夫婦円満の秘訣は夫を褒めること

男性は褒められるのが大好きということで、
妻がを褒めると自信がついて仕事にやる気を出し、
妻を大事に思うようになるので、夫婦円満になるんだって!

なにげにみていた、はなまるで特集をしていた。
「夫の年収を2倍にする奇跡のほめ言葉」

夫を褒めるには、夫の欠点を10個書きだして、欠点を褒め言葉に変換するといいんだそう。

・お金遣いが荒い → 太っ腹
・家でゴロゴロ → お金がかからなくて良い
・趣味に夢中 → ストレス解消が上手
・だらしがない → 手がかかってかわいい などなど。

褒めるときは、「S」でほめる。
すごい、すてき、すばらしい、さすが、さいこう ・・・

でも、そんなにうまくいくかしら。

いままで、夫のことそんなふうに褒めたことがないもの。
私も照れくさいけど、夫も気持ち悪がるだけかもしれないなぁ。

タグ / 夫婦円満

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。