1 2 3 4 5 .. 次のページ »

年齢は首に出る!

どんなに顔が若々しくてキレイでも、首を見ればおおよその年齢がわかるんだそうな。
顔が年相応だったら、首は2〜4歳年をとっていることに。

確かに、顔はきれいにメイクしていても、首に横シワやたるみがあると
それが目立って、なんとなく老けてみえる。

若い頃は、首の事なんてぜんぜん気にしていなかったのに、
最近は、メイクをすると、顔だけが浮き上がって見えるようになってきたのは気の性じゃなかったのね。

対策として、首も顔の一部として、ケアやメイクをするといいとのこと。
しわやたるみのでやすい、アゴの下や首筋をこまめにケアすると、顔にもツヤがでる効果も!

顔や首をささえる筋肉を鍛えることで、
気になる!首のしわやたるみを目立たなくして、10歳若返ろう!

体重計に乗るのに適した時間

体重を気にすることはないといっても、体の調子を見るためにも体重管理はしなくてはいけない。

何度も測っているひとがいるが、体重は、一日のうちで、かなり増減するもの。
だから、一日何回も測って、増えた減ったといって一喜一憂するのは無意味なこと。

体重は食事によって変化し、暑かったり運動をして汗をかいても減る。
1kgの変化なんてあたりまえのこと。

では、体重はいつ計るといいのか調べてみた。
体重は、あさおきてトイレに行って食事を剃る前が基本。それが、早朝空腹時体重。

しかも、毎日測る必要はないんだって・・・1週間に1回でいいんだそう。
土曜や日曜、疲れの出る月曜は避けて、週の半ばの曜日を決めておくこと。

また、体重はいつも同じ体重計で測ること。
体重計によってごさがあるから違う体重計で測っても比較にならない。

1週間で500g位の差は誤差範囲内。1kg以上太っていたら、次の週では気をつけろってこと。

今までみたいに、体重計に振り回される生活は、今日でお別れ。
毎週水曜日の朝だけ測ることにしょうっと。

タグ / 測定 体重計

いいところを褒めるようにしよう

先日、いいところを紙に書いて相手を褒めようという活動をした。

私はAさんのいいところを書きだした。
やさしい。いつも笑顔。親切。約束を守る。料理が上手。字が綺麗・・・などなど。

そして、それを言葉に出して言ったのだ。
Aさんはうれしそうに聞いてくれた。そして、ありがとうと。

次は、私の番。

背が高い。声が大きい。仕事がてきぱきとできる。はっきりしている。などなど
なんか、男性を褒めているような・・・ことばだなぁと思ったけど、
言われて悪い気はしなかったし、うれしいものだった。

人の悪口や欠点をいうことはよくあるし、よく聞くがほめることはがなかなか聞けない。

子どもたちを見ていると、認められたい、ほめられたいと思っているのがよくわかる。
3歳の孫は、「ねえ、見て見て!すごいでしょ。」「わたしもする。私もできる」と
お兄ちゃんといつも張りあうようにして、母親に自分の存在を主張している。

ほめてやるとすごく喜ぶ。それが、とっても可愛い。

おとなになってもこの気持は変わらないはずだ。
いいところを褒めるように心がけようと思う。

タグ / 褒める

半日ダイエットって効果ある?

断食をすれば、摂取カロリーより消費カロリーのほうが多くなって
痩せられるというのはあたりまえ。

でも、この断食ができるのは半日くらいかな。おなかがすくとイライラするし・・・

半日だけのダイエットって効果あるかなと思っていたら
朝食と間食を食べないという半日断食ダイエットを見つけました。

この断食の目的は胃腸を休息させてあげるってこと
確かに、胃腸も働き過ぎるとよくないものね。

でも、水分もとる機会が減るので、便秘になりがち
便秘はダイエットの障害になるので、こまめな水分補給が大事です。

1日に2リットルは飲むこと。 
一度に大量飲むのではなくコップ1杯を10回飲む感じがベストのようです。

寝起き、朝食前、10時ごろ、昼食前 3時頃 夕食前 入浴前、入浴後、寝る前 ・・・など
自分のライフスタイルにあわせて、飲む時間を設定すればいいとのこと。

これなら、私でもできるかな

半断食ダイエットをしようと、頑張って、間食や朝食を抜いたとしても、
その後の昼食や夕食でどか食いしたり、食べ過ぎは逆効果。

朝食を抜くのではなく、野菜ジュースやゼリーなどに置き換えるのもいいみたい。

これなら、空腹感を余り感じないでおられるから、イライラすることもないし
ダイエットを続けられるかなぁ。と淡い期待を描いています。

半日ダイエットの効果あるかどうかは、私の意志の強さにかかっている。
がんばってみるかな 

タグ /

方言で外国に行った気分になりました

日本国内にもかかわらず・・・各地方の方言って外国語みたいだなと感じます。

外国に行ったら言葉が通じないというのは分かるけれど、
日本国内でも、会話している内容が全くわからないってこともあることを感じました。

それは、日本各地域の方言での会話です。

以前、友人と二人で、南九州を旅行したときのことです。
朝早くの乗合バスに乗ったとき、すぐ後ろの座席に、行商のおばさんが二人乗っていました。
大声で世間話をしているようだったが、何を話しているのか、全然わからないのです。

友人が一言、小声で「ここって日本だよね。」と。

二人で顔を見合わせて、苦笑い。そして、まるで外国を旅行しているような感覚になりました。

それから、30分くらい、ずっと、二人は耳をダンボのようにでっかくして、会話を聞いていたが、
結局、何もわからず、私達はバスを降りたのでした。

あの行商のおばさんたちは一体何を話していたのでしょう。
楽しそうに笑いながら話していた内容が今も気になっています。

方言って難しいですね。
わたしの会話も他の地域の人には聞き取れないことってあるのかも。
でも、それも旅をしていることの楽しさなのかもしれません。

タグ /
1 2 3 4 5 .. 次のページ »

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。